HOME
ABOUT US
事業展開
実績紹介
CONTENTS
COLOR DESIGNの種
色彩関連情報
アジアカラートレンドブック
NEWS
DCD Information
COMPANY
会社概要
CONTACT
お問い合わせ
ONLINE Shopping
色見本帳・色彩ツール・色彩教材
contact

DIC株式会社

DICカラーデザイン株式会社

DCD INFORMATION

「アジアカラートレンドブック」デジタル版発売記念企画 【ハンズオン展示】

「素材」をテーマにした、クリエイターとメーカーのためのイノベーションプラットフォームMTRLによるスペースFabCafe MTRL(東京・渋谷)にてアジアカラートレンドブックを期間限定でハンズオン展示をいたします。
デジタル版(2020-21最新版)、BOOK版(2017-18,2018-19,2019-20の3年分)をご紹介します。
FabCafe KYOTO(京都・五条)ではデジタル版(2020-21最新版)を展示いたします。ぜひ手に取ってご覧ください。

展示期間:10月23日(水)~11月22日(金)

毎週金曜日の午後にDICカラーデザインスタッフがトレンドブックについて詳しく説明いたします。

■展示内容

デジタル版2020-21(最新)
BOOK版2017-18、2018-19、2019-20

FabCafe MTRLでのアジアカラートレンドブックのハンズオン展示はこちら

素材からイノベーションをデザインする MATERIAL DRIVEN INNOVATION
〜マテリアルドリブン・イノベーション とは?

デザインこそが製品に意味を与えイノベーションをリードするという「デザインドリブン・イノベーション」がミラノ工科大学のRoberto Verganti教授によって提唱されて10年余り。アジアカラートレンドブックとMTRLはそれぞれ「MATERIAL(マテリアル)」の側面からデザインを捉え、イノベーションの発火点をつくるべく活動をしてきました。今回のイベントでは、マテリアルとデザインが組み合わさることで生まれるイノベーションの可能性を、アジアカラートレンドブックとMTRLが培ってきたツールや手法から紐解きます。

素材とデザインのちからでイノベーションを生み出すためのヒントを紹介

「MATERIAL DRIVEN INNOVATION(マテリアルドリブン・イノベーション)」の視点から、下記の2つのプロジェクトをひもときます。リサーチからコンセプトづくりのツールや手法もご紹介します。
1)12種の触感のαGELの見本帖であたらしいビジネスの可能性を拓く(株式会社タイカ)
  https://loftwork.com/jp/project/20190313_taica
2)未来のモビリティ事業の可能性を探りアジア市場のトレンドをつかんだフィールドワーク(パナソニック)
また、弊社アジアカラートレンドブック編集長 周も登壇、パネルに参加します。

■Outline


  • 日   時2019年 11月8日(金)
  •  15:00~17:00(開場14:45) 定員:40名
  • 参加費無料
  • 場   所FabCafe MTRL
  •  〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22−7 道玄坂ピアビル2階

【ご注意】

  • ・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
  • ・お申込み多数の場合抽選とさせていただきます。
  • ・当日参加した皆さんのお写真は、後日公開するレポートなどに掲載させていただきます。

共 催:DICカラーデザイン株式会社株式会社ロフトワーク

■Program

14:45開場
15:00-15:05(5分)オープニング
ロフトワーク MTRLプロデューサー 井田幸希さん
15:05-15:15(10分)SESSION 1
「アジアカラートレンドブック」のご紹介、電子版出版に寄せて
DICカラーデザイン株式会社 アジアカラートレンドブック 編集長 周昕
15:15-15:55(40分)SESSION 2
素材から始まるあたらしいビジネスの可能性 〜
株式会社タイカ「αGEL 12触見本帖」事例ご紹介

株式会社タイカ 多機能素材事業本部 αGEL営業部 内田英之さん
ロフトワーク MTRLプロデューサー 小原和也さん
15:55-16:05(10分)休憩
16:05-16:35(30分)SESSION 3
イノベーションの初速をあげるー
超没入型フィールドワークでアジア市場のトレンドをつかめ

株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 加藤修平さん
DICカラーデザイン株式会社 アジアカラートレンドブック 編集長 周昕
16:35-17:00(25分)クロージング
ロフトワークツアー(希望者)&ネットワーキング

■Speaker

DICカラーデザイン株式会社, クリエイティブディレクター, 『アジアカラートレンドブック』編集長

周 昕

中国上海市出身。米国、中国、日本を拠点に、グローバルブランドのデザイン&CMF提案を数多く手がける。上海金澤工藝館アートディレクターも務め、カラー&素材の研究を基にした編著書、講演など多数。グローバルトレンドの解析とともに、アジアのクリエイターを数多く取材し、時代の流れを読み解いてきた。世界中にクリエイティブネットワークを持っている。

株式会社タイカ, αゲル営業部 担当課長

内田 英之

2016年タイカに入社。海外向け営業のチームリーダーを担う。一方で同業種・異業種関わらず、様々な企業と対話を積極的に持ち、『αGEL』の新たな価値・用途・事業の創出企画に関わる。これまで関わった主な取り組みとして、メイカソン『Taica αGEL Idea Creation』、『HAPTICS OF WONDER -12触αGEL見本帖 vol.1-』、αGELのSNS立ち上げ等。

株式会社ロフトワーク, プロデューサー

井田 幸希

慶應義塾大学 環境情報学部卒。通販業界を経たのち独立し、編集プロダクションで企画・編集を幅広く手がける。自身の営業力とマネジメント力に課題を抱き、組織の中で自身を鍛え直すためにリクルートに入社。学生時代から抱いていた「形の有無にこだわらない良いクリエイティブをいかに世の中に流通させるか」というテーマに立ち返るため、2017年よりロフトワークに入社。プロデューサーとして、主にMTRLを軸とした幅広いプロジェクトでクライアントの機会創出を手がける。

株式会社ロフトワーク, MTRL プロデューサー

小原 和也

2015年ロフトワークに入社。素材/材料の新たな価値更新を目指したプラットフォーム「MTRL」の立上げメンバーとして運営に関わる。現在はプロデューサーとして、素材/材料基軸の企業向け企画、プロジェクト、新規事業の創出に携わる。モットーは 「人生はミスマッチ」。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

株式会社ロフトワーク, クリエイティブディレクター

加藤 修平

ケープタウン大学サステナビリティ学修士。アフリカ地域での鉱物資源開発に伴う、周辺コミュニティへの影響調査をエスノグラフィ調査手法によって実施。また、同大学内Hasso Plattner Institute of Design Thinking (通称d-school)において、デザイン思考コーチとして学生、社会人の指導を行う。過去に携わった案件は、民間金融機関内にて、多部署横断型のチームを率いて新サービスの開発及び、デザイン思考の社内への浸透を促すためのプロジェクト等多数。

ロフトワーク MTRLにてお申し込み頂けます。

お申し込み

WORLDWIDE

閉じる

DICグループ全体の情報を掲載しています。

日本/韓国/台湾

DICの日本/韓国/台湾地域の情報を掲載しています。

アジアパシフィック

DICのアジアパシフィック地域の情報を掲載しています。

中国

DICの中国地域(香港を含む)の情報を掲載しています。

ヨーロッパ

DICのヨーロッパ地域の情報を掲載しています。

アメリカ

DICのアメリカ地域の情報を掲載しています。

Sun Chemical

アメリカ・ヨーロッパでのインキ製品および顔料製品の窓口です。