マンセル表色系とは

◆マンセル表色系

表色系とは「色の表し方」のことで、これを使うと「記号」や「数字」で色を表すことができ、言語の壁を超えたコミュニケーションツールとなります。国際的に普及している代表的な表色系の一つに、「マンセル表色系」があります。
マンセル表色系は、1905年アメリカの美術教育者で画家でもあったアルバート・マンセルによって考案されたカラーオーダーシステムで、「色の三属性」によって物体色を表示する典型的な表色系です。色の三属性とは「色相」「明度」「彩度」という色がもつ3つの性質です。
※詳しくは「色の三属性と色立体とは」をご覧ください。

アルバート・マンセル

アルバート・マンセル

三属性によって体系化された表色系は複数ありますが、マンセル表色系は、知覚的に等間隔に感じられるように作られており、光の混色量などの物理量ではなく心理的な尺度に基づいているところが特長です。

マンセル没後、マンセルカラー社の依頼により1943年にアメリカ光学会(Optical Society of America)が測色学的検討を行い、色票の等性に修正を加えた修正マンセル表色系が発表されました。現在では、マンセル表色系といえば、この修正マンセル表色系のことをさします。日本では「色の表示方法-三属性による表示(JIS Z 8721)」として規格化され、工業、景観条例、教育、安全色など幅広い分野に用いられています。

カラーオーダーシステムは別名「顕色系」ともいい、系統的に色を配列した標準となる色見本(色票集)がある表色系のことをいいます。マンセル表色系の代表的な色票集は、アメリカで発行された「The Munsell Book of Color」です。日本では「JIS標準色票」がマンセル表色系の色票集として発行されています。前者が約1600色、後者が約2141色の収蔵で、実際のデザインの現場でも広く活用されています。

  • The Munsell Book of Color and name are used with the permisson of Munsell Color, Division of GretagMacbeth

  • JIS標準色票(写真提供:日本色彩研究所)

◆マンセルの色相・明度・彩度の表し方

前述のように、色相・明度・彩度という名称は、マンセル表色系だけの概念ではありませんので、色相の表記方法はそれぞれの表色系によって異なります。ここではマンセル表色系における色相・明度・彩度について説明します。
マンセルの色相は「Hue(ヒュー)」といい「R(赤)・Y(黄)・G(緑)・B(青)・P(紫)」を基本5色相として時計回りに等間隔に配置されています。その間に「YR(黄赤)・GY(黄緑)・BG(青緑)・PB(青紫)・RP(赤紫)」を挿入し、合計10色の主要色相から成り立っています。さらに、各色相を10等分して1~10までの数字をあて、基本色相の記号の前に添えて計100色相として表すことができます。例えば赤を例にすると、中心的な赤は「5R」、紫に寄った赤は「1R」、橙に寄った赤は「10R」のように表示します。また、必要に応じて小数を用いて「5.5R」や「7.5R」など細分化して表記することもできます。

マンセル色相環(20色相:主要10色相を2分割した場合)

マンセル色相環(20色相:主要10色相を2分割した場合)

「The Munsell Book of Color」や「JIS標準色票」では、主10色相がそれぞれ4分割されて2.5、5、7.5、10の数字が当てられ「2.5R、5R、7.5R、10R」など、2.5刻みの色相が色票化されています。
一般社団法人日本塗料工業会が発行している「塗料用標準色」では、特に建築分野において使用頻度の高いYR~Yなど一部の色相では1.25刻みで色票化されています。

マンセルの明度は「Value(バリュー)」といい、明度10の理想的な白と、明度0の理想的な黒の間を知覚的に均等に合計11段階に分けられています。
明度の基準は、無彩色をもとに尺度が定められており、有彩色の明度は同等の明るさをもつ無彩色の数値が用いられます。但し、光を100%反射する理想的な白や、100%吸収する理想的な黒は色票として再現することはできないため、最高明度「9.5」から最低明度「1.0」までが0.5ステップ、18段階で色票化されています。必要に応じて小数を用いて、「5.6」「8.2」など細分化して表記することも可能です。

マンセルの彩度は「Chroma(クロマ)」といい、彩度0(ゼロ)の無彩色からどれだけ離れるかによって彩度が高い方へ1、2、3・・・と数値が上がって行きます。ただし、最高彩度の位置は各色相によって異なります。これは安定して色再現できる範囲だけが色票化されているためであり、今後顔料の発色性の向上により色再現域が広がってくれば、マンセル表色系における色票の最高彩度は高くなる可能性もあります。彩度も、色相・明度と同様に、必要に応じて少数を用いて「1.2」「7.5」のように細分化して表示することも可能です。

◆マンセル色立体

マンセル色立体 (写真提供:日本色研事業) The Munsell Book of Color and name are used with the permisson of Munsell Color, Division of GretagMacbeth

マンセルの色相、明度、彩度を三次元空間にまとめたマンセル色立体は、左の写真のように複雑な形をしています。
これは、色相ごとに最高彩度やその明度の位置が異なるためです。いびつな形が自然界に生える木のようであり、今後も最高彩度の色が追加されることで、木が成長していく可能性を秘めているという例えから、マンセルの色立体は別名「カラー・ツリー(色の樹)」ともいわれています。マンセル色立体では、中心軸に無彩色の白から黒が段階的に配置され、中心軸から見た円周上に色相が配列され、色相環を形成しています。無彩色に対して直行した軸上に同じ彩度の色が配置され、各色の純色に近づくにつれて高彩度になります

※The Munsell® Book of Color から転載

マンセル色立体の等色相断面を見ると、色相ごとに最高彩度や純色の明度の位置が異なることがよく分かります。
純色の明度は、黄色が最も高く、紫が最も低いため、色立体は非対称の形状となります。また、最高彩度は赤~黄色の暖色系の色が緑~赤紫に比べて高い傾向があります。

◆マンセル表色系による色の表示方法

有彩色の場合は「Hue(色相)」「Value(明度)」「Chroma(彩度)」の順で、明度と彩度の間にスラッシュを入れて「HV/C」と表記します(スラッシュは「の」と読みます)。
また無彩色の場合は色相と彩度を持たないため明度のみを表記し、明度数値のあたまに「Neutral」の頭文字の「N」で表記します(JIS Z 8721ではNを斜体で記載します)。このような方法でさまざまな色を数値と記号で表記することが可能になります。

ライト色立体 マンセル